100均粘土でミニチュアシナモンロールの作り方

こんにちは。今回のミニチュアフードはシナモンロールの作り方のご紹介です。

ダイソーの樹脂粘土とエポキシ接着剤で作っていきます。ダイソーの樹脂粘土は適度なコシと硬さがあって成形しやすいです。100均の材料だけで作れますし、作り方も簡単なので初心者の方にもおすすめです(^^)

シナモンロールの作り方

白色と黄土色を混ぜたダイソーの樹脂粘土ホワイトを棒状に伸ばします。

指で全体を軽く潰して少し平らにしていきます。

指でくるくると巻いていきます。この時真ん中が少し飛び出ている感じにしたいので、巻き始めを気持ち斜め上に巻いていってください。

丸めたらこんな感じになります。歯ブラシで質感をつけていきます。質感をつけたら乾燥するまで待ちます。

スポンサーリンク

乾燥したら焼き色をつけていきます。黄土色と茶色と黄色を混ぜたら水で薄くとかします。筆にとったらティッシュで水分をしっかり取ってから焼き色をつけていきます。

次に更に濃い色の焼き色をつけていきます。先ほど作った絵具の色に少し茶色を足して濃い色を作って焼き色をつけます。(左上だけ何故かどこかに行っていますね)

シナモンの部分を表現していきます。茶色と黒を足してこげ茶色を作ったらぐるぐるの渦の部分を細い筆で塗っていきます。(左上が帰ってきましたね)

最後に上のシュガーの部分の作り方です。ダイソーのエポキシ接着剤を使用します。エポキシ接着剤A剤に白色を混ぜてからB剤を混ぜます。硬化する前にシナモンロールに爪楊枝を使って塗っていきます。エポキシ接着剤が硬化したら完成です(^^)

ミニチュアのパン、可愛くて好きです。並べると可愛さが倍増しますね。

インスタグラムやっています。

メルカリでミニチュア作品を販売しています。

↓応援ポチよろしくお願いします。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ミニチュアフードへ
にほんブログ村

スポンサーリンク