ミニチュアスイーツ、モンブランの作り方

今回はモンブランを作りましたのでそちらのご紹介をします。モンブランは3種類作りました(^^)

 

お馴染みのオーブン粘土を使用します。(原型作りについて

指で棒状に伸ばします。この時太いところと細いところと太さに違いをつけながら指でコロコロと伸ばします。

 

余分なところをカットします。右側が少し太く、左側が少し細くなってます。

 

太い方(右側)を下にして指で上から押しつぶします。

 

カッターで周りを削ぎ落します。これをしないとタルト生地の筋がうまくつけられないのです。

 

 

削ぎ落したら削いだ部分の跡を指などで軽くなじませ、針でタルト生地の筋をつけていきます。

 

歯ブラシと針を使って全体に質感をつけます。

これで原型の完成です。オーブンで硬化させてブルーミックスで型取りします。

 

型に白色と黄土色を混ぜた樹脂粘土を入れたら歯ブラシで全体に質感をつけます。

 

 

 

 

乾燥させます。

 

乾燥したらタミヤの焼き色の達人で焼き色をつけます。タミヤの焼き色の達人が無い方は絵具で焼き色を付けて下さい。これでタルトの生地が出来ました。

 

次にモンブランの上に乗っかっている栗を作っていきます。オーブン粘土で栗の原型を作っていきます。指や粘土ヘラなどを使って栗の形にします。

 

針やカッターを使って栗の筋を書いていきます。形が出来たらオーブンで硬化させてブルーミックスで型取りします。

 

スポンサーリンク

茶色と黒色を混ぜた樹脂粘土で複製していきます。

 

違う色の方の栗も作りました。こちらは白色と黄色と黄土色を混ぜた樹脂粘土です。同じ型で複製します。

 

栗が乾燥したら両面テープで固定してニスを薄めに塗ります。ニスが濃いと栗の筋の質感がニスによってわからなくなってしまいますので薄めに塗るのがポイントです。もし塗りすぎたら綿棒などで拭き取るといいですよ。

 

次にモンブランのグルグル巻きになっているクリームの部分を作っていきます。

私はパジコのクリーミイホイップ(ミルク)を使用しました。パジコのクリーミイホイップはクリームの質感をきちんと出してくれるのでおすすめです。パジコのクリーミイホイップに茶色と黒色を混ぜてコルネの中に入れます。

 

タルト生地の上でぐるぐる巻きにしたら、栗をボンドで接着します。

 

黄色い方のモンブランは黄色と黄土色を混ぜて作りました(^^)

 

こちらも同様に絞って上に栗を接着します。

 

今回はイチゴのモンブランも作りました。こちらは赤色を混ぜて作りました。

 

同様に絞って、上にイチゴを接着します。

イチゴの作り方はコチラ

 

最後に粉砂糖をかけます。食器用スポンジに白色の絵具をつけてティッシュでしっかりオフしたら全体にポンポンとつけていきます。

この時しっかりと絵具をティッシュオフすることがポイントです。

粉砂糖はお好みでしてもしなくても大丈夫です(^^)

私は2つのモンブランには粉砂糖をかけましたがイチゴのモンブランにはかけませんでした。

 

粉砂糖が乾いたら完成です。絞るのはちょっと難しかったですが楽しくてたくさん作りました

 

インスタグラム

にほんブログ村 ハンドメイドブログ ミニチュアフードへ
にほんブログ村