ミニチュア食器丼とお茶碗の作り方

こんにちは。今回のミニチュアは久しぶりに食器の作り方のご紹介です。丼とお茶碗の作り方をご紹介します。

丼とお茶碗の作り方

パジコのカラースケールを使用します。今回は器の形を作るために使用します。

 

 

シリコーンモールドメーカーを詰めます。

 

 

硬化したら取り外します。空気が入ると写真のように亀裂が入るので出来るだけ空気を入れないように皆様は気を付けて下さいね。

 

 

型取りしたいサイズのところに石粉粘土を入れます。

 

 

粘土を入れたのと同じサイズのシリコーンモールドメーカーを使用するのではなく、一つ小さいサイズのシリコーンモールドメーカーを押し込みます。

カラースケールはA→B→C→Dの順番でサイズが大きくなりますので、例えばDのサイズの器を作るならDに粘土を詰めてCのシリコーンモールドメーカーを使用して下さい。

 

 

取り外して乾燥させます。取り外しにくい場合は粘土を詰める前にベビーオイルを塗ると取り外しやすくなりますよ。

 

 

乾燥したら取り外します。

 

 

カッターでフチの余分な部分を大まかにカットしていきます。

 

 

紙やすりで更に形を整えていきます。フチを下にして円を書くようにグルグルと回してフチをヤスリます。

 

 

内側の部分は紙やすりを丸めるとヤスリやすいですよ。

 

 

底も平らになるようにヤスリます。

 

 

仕上げに全体を細かい紙やすりでヤスリます。私は最初は600番を使い、仕上げに1200~1500番を使用しました。

スポンサーリンク

 

 

次に底のパーツを作っていきます。石粉粘土を指で平らに伸ばします。

 

 

ドットペンで穴を作ります。このまま乾燥するまで待ちます。

 

 

乾燥したら削るラインをシャーペンで書いていきます。

 

 

カッターで余分な部分をカットします。

 

 

紙やすりで形を整えます。

 

 

ボンドで接着します。

 

 

着色していきます。内側に赤色と茶色を混ぜた絵具を筆で塗っていきます。

 

 

外側は黒色を塗っていきます。爪楊枝にセリアで販売されている粘着ゴムを着けてすると作業しやすいですよ。

 

 

最後に全体にニスを塗ったら完成です。

 

 

もう一つの方はお茶碗として作りました。フチに白色と茶色と黒色を混ぜたものを塗り、柄はドットペンで花柄をイメージして着色しました。お茶碗の方はスプレータイプのニスを使用しました。

 

 

こんな感じになりました。私はミニチュア作りの中で食器はあまり得意ではないのですが作りたくなる時がたまに来ます。

せっかく丼を作ったのでいつか丼物のミニチュアフードを作ろうと思います(^^)

 

インスタグラムメルカリYoutube
にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村