100均粘土で作るコンビニ風サンドイッチの作り方

こんにちは。今回はコンビニ風サンドイッチを作りました。過去にもサンドイッチはご紹介していますが今回は全て100均の粘土での作り方をご紹介します(^^)

種類はツナ、卵、ポテトサラダ、ハムレタス、カツの5種類を作りました。

ダイソーの樹脂粘土とダイソーのふわっと軽い粘土を混ぜたものに黄土色を着色します。厚さ2mmに伸ばしたら歯ブラシで全体に質感をつけて乾燥させます。

1cm角にカットしたら斜め半分にカットします。

ツナはダイソーのふわっと軽い粘土+ダイソーの樹脂粘土に少し茶色を着色します。パンに挟んで余分な部分をピンセットで取ります。ふわっと軽い粘土は少しパサパサしているので、そのパサパサ感がツナの質感を表してくれます。ふわっと軽い粘土だけでもいいのですが、ちょっとポロポロしていてまとまりが少しなく、扱いにくいので樹脂粘土を混ぜることによってまとまりやすくしています。

タマゴサンドも同じようにふわっと軽い粘土+樹脂粘土を混ぜた粘土を使います。黄色を着色してパンに挟みます。樹脂粘土に白を混ぜて乾燥させたものを細かくカットして断面にボンドで接着して埋め込みます。

ポテトサラダサンドはふわっと軽い粘土+樹脂粘土に黄土色を少し着色してパンに挟みます。にんじん(朱色を混ぜた樹脂粘土)、ハム(白+赤を混ぜた樹脂粘土)、きゅうり(黄緑を混ぜた樹脂粘土を棒状に伸ばしたら表面に緑色を塗る)を細かくカットしたものをボンドで接着します。

ハムレタスは樹脂粘土に白+ピンクを混ぜて薄く伸ばしたらパンのサイズに合わせてカットしてボンドで接着します。

レタスは樹脂粘土に黄緑色を混ぜて薄く伸ばしたら1cm角にカットします。次に斜めに半分にカットしたらピンセットでつまむようにして質感をつけます。

カツは樹脂粘土に白+赤をごく少量混ぜて厚さ2mmに伸ばして乾燥させます。乾燥したら縦1cm、横4mmにカットし、角をカットします。

スポンサーリンク

全体にボンドをつけてパン粉をつけます。パン粉は樹脂粘土に白色+黄土色を混ぜて乾燥させたものを大根おろし器ですりおろしたものです。

茶色+黄土色+黄色を水で薄めたら化粧用のチップにとって着色していきます。

半分にカットしたらボンドで接着します。カツの断面に筆で水をつけて柔らかくし、針で突いて質感をつけます。

袋に入れたらラベルを両面テープで貼って完成です。

袋はミニチュアコンビニ風サンドイッチの作り方でご紹介した方法で作りました。

ラベルの画像も載せておきますので、ご自由にお使いください♪

 

100均材料で作るミニチュアフード一覧

インスタグラム

minnne

メルカリ

Youtube

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村