【100均粘土で作るミニチュアフード】恵方巻の作り方

前回の節分に引き続き、今回は恵方巻の作り方のご紹介です(^^♪

今回も100均の材料だけで作りました♪

具材は卵、きゅうり、にんじん、うなぎ、桜でんぷんをイメージして作りました。

 

 

まずは卵から作っていきます。樹脂粘土に白色と黄色を混ぜたら棒状に伸ばします。長さは後で切って調節するので適当で大丈夫です。3cmくらいあればオッケーです。太さは大体2.5mmくらいです。

 

 

粘土ヘラなどを使って棒状なのを気持ち四角く形を整えていきます。

 

 

にんじんは、粘土に橙色を混ぜて棒状に伸ばします。直径2.5mmくらいです。

 

 

うなぎを作ります。粘土に白色と黄土色を混ぜたら棒状に伸ばします。

 

 

指で少し平らな感じになるように形を整えます。

 

 

粘土ヘラで質感をつけていきます。線をいくつも引くような感じで質感をつけます。

 

 

乾燥したらうなぎの色を塗っていきます。茶色と黒色を混ぜてこげ茶色を作り、水で薄めます。化粧チップに取ったらティッシュオフをして少しずつ色を塗っていきます。

 

 

さらに黒色を足して濃いこげ茶色を作ったら、今度は全体というよりはまだらな感じに塗っていきます。

 

 

ダイソーのこちらのガラス絵具を全体に塗ってタレ感を出します。これでウナギの完成です。

 

 

きゅうりを作っていきます。粘土に黄緑色を混ぜてこちらも棒状に伸ばしていきます。きゅうりは後で半分に切るので太く作ります。直径4cmくらいです。

 

 

乾燥したら全体に緑色を塗ります。

 

 

全て長さ2.5cmにカットします。きゅうりは更に半分に切るので、切りやすく2等分にしました。

 

 

きゅうりを半分に切ります。

 

 

スポンサーリンク

ウナギの断面に質感をつけます。水で濡らしたら針でつついて質感をつけます。

 

 

桜でんぷんはダイソーのふわっとかるい粘土と樹脂粘土を半々に混ぜたものに赤色を着色し、棒状に形を整えて乾燥させたものを削って作ります。

 

 

大根おろし器ですりおろしたらこんな感じです。

 

 

作った具材全てをボンドで接着します。桜でんぷんもボンドで接着します。桜でんぷんは見える部分にだけ接着しました。

 

 

海苔は【100均粘土で作る】ミニチュアフードおにぎりの作り方にてご紹介したのと同じ作り方で作っています。

 

 

中のご飯を作っていきます。樹脂粘土に白色を混ぜたら厚さ1.5mmに伸ばします。縦3.5cm、横2.5cmに切ります。

 

 

ボンドを薄く塗って海苔と接着します。

 

 

作った具材を置いて、巻いていきます。この瞬間ってドキドキしますよね。

 

 

巻いたらこんな感じです。

 

 

針で突いてご飯の質感をつけていきます。

 

 

マニキュアのトップコートをニス代わりに塗って完成です。

 

 

恵方巻や巻き寿司って小さい頃からあまり好きではないんですよね。

あと、稲荷寿司も。。。

美味しいと思ったことがないかもしれない(^-^;

普通のお寿司は好きなのになんでなんだろう。

特に稲荷寿司はご飯と油揚げが甘いのが受け付けられないんですよね(^-^;

もう何年も食べてないです(笑)

100均材料で作るミニチュアフード一覧

インスタグラム

minnne

メルカリ

Youtube

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ


にほんブログ村